読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DQ10、コロシアムで魔法使い&盗賊使って遊んでます

最近はコロシアムにはまってます。
野良だと魔法で、固定PTでは盗賊を80まで上げたので盗賊で行くようにしています。

野良の魔法使いで遊ぶ

野良魔法の何が楽しいか。
相手にマホカンタ職がいなければ普通に最大火力で魔法ぶっ放して遊んでます。適当に魔法ぶつけて、呪文耐性積んでないやつをできるだけ選んでドーン。60秒でマヒャデドスたまるので、出し惜しみせずにドーン。

相手に魔法使いが1人いる場合、自分という魔法使いの存在がすでに抑止力になるため、相手の魔法使いはマホカンタを切らそうとしません。まあ、マホカンタ切らさないのはセオリーですからね。そこで、こっちだけ短剣+盾に持ち替えて自分にマホカンタ張って、相手に魔法使いに張り付きます。カオスエッジ、スリープダガーあたりを当てていけばどれかが効いて魔法使いが行動不能になるので、そのまま覚醒してマホカンタが切れてる相手キャラを狙って呪文を連打します。これが成功すると、アメリカンフットボールの作戦「ブリッツ」でQBサック決めたみたいで楽しいんですよね。相手に魔法使いがいる場合は勝敗度外視でとにかくQBサック狙いに突っ込みます。まあ、だいたい相手陣で魔法使いの護衛として待ってる道具とか魔戦の弓にやられちゃうんですけどね。麻痺も混乱も睡眠も効かない魔法使い・僧侶にはマホトーンを叩き込みます。どれか1つくらい当たる……、当たってください。

相手に魔法使いが2人いる場合は、突っ込んでも無駄なので大人しく味方にマホカンタまいてます。それで相手の攻撃2枚も止められるんだから、十分でしょう。

ちなみに、一番楽しいのは相手に魔法使いが1人の場合です。コロシアムは勝つためだけじゃなくて、勝敗度外視でトリックプレーを楽しむのも楽しいデスヨー(迷惑かけてる野良PTの方々本当に申し訳ないです)

固定PTの盗賊で遊ぶ

よく遊ぶ固定PTが魔法・パラ・僧侶の3人組なので、最初は中間職の旅芸人で入って遊んでました。が、その職構成だと旅芸人全然活きないんですよね。バイシはほぼ自分にしか意味ないし、ピンクはぐるぐるで対策されてるし、火力も全然ないし。それじゃつまらないので、盗賊を80にして職・短剣・爪を130にして参加することにしました。その状態でとりあえず野良マッチングで盗賊で混じって遊んでみたのですが――これが全然勝てない。勝率20%くらい、それもあればいい方。野良だととりあえず突っ込む両手バト、どうやったら1対4で勝てる計算になるのか単騎で突っ込むブメレン、気づいたら敵陣で死んでるツメ武など、とにかく自陣で盗賊の特技を活かせる場面がほとんどない。火力は他のアタッカーよりも断然弱い、罠は敵陣に突っ込まないと使えない、使えるバフもピオリムだけ、回復も実質できない、などなどとにかく活躍の機会がない。職がわからない野良で盗賊は難しい……。

というわけで、今日ついに魔法・パラ・僧侶+盗賊(自分)のデビュー戦となったわけです。結果は――なんと5戦全勝! しかもほぼ危なげない勝ち方。盗賊のポジションは魔法使いのサポート、アメフトの作戦「スイープ」でランニングバックを守るブロッカーの役割。しかもこのランニングバック、クォーターバックのようなロングパスも投げられちゃう。うーん、アメフトの比喩がわけのわからない方向に。とにかく、相手に魔法使いがいてマホカンタを配るようならゴールドフィンガーでそれを解除、パラの壁を突破しようとするならクモノと爆弾で妨害、逆側から回ってくるなら壁になって魔法の攻撃の隙を作る。盗賊は基本バフなしで動けるので、自陣近くでの戦闘であればリスタートも早いしポイントも持たないので僧侶による蘇生も不要。相手の魔法が狙える位置にいるならばサイクロンアッパー+タイガークローの2発でだいたい落とせるし、僧侶にかかったキツいバフも解除できる。魔法を黙らせたら短剣で状態異常も狙いにいけるし、自陣に押し込まれて不利になったら爆弾まいて敵を散らすこともできる。うーん、盗賊楽しすぎる。

ただし、相手に道具使いがいる場合は爆弾が非常に使いづらい。トラップジャマー怖いです……。パラの目の前にクモノを置くのはこれはOK、トラップ・ジャマーされても味方は踏まない位置だし、そんな位置のクモノを除去してる隙に魔法ぶつければ良いわけでして。どうぐ使いは常にマークして、爆弾置けるタイミングは狙いたいんですよねー。

魔法VS魔法の睨み合いの中でも、相手の魔法攻撃の脅威に対しては1人だけマホカンタもらってるパラがにおうだち、というカードがあるので有利に運びやすいですね。


その中で生まれた、今日の4人連携超好プレー。録画しておけばよかったと思うくらいの絶妙な連携でした。

終了時間ギリギリ、300ポイント持ちの相手武闘家がマホカンタをもらって逃げ切り態勢。20秒前にあめひめ(盗賊)のゴールドフィンガーを阻止するためにピンクタイフーンを撃ってしまっているけれど、武闘家的には盾の持てないツメに持ち替えるわけにもいかず、火力が持てないまま敵陣まで逃げ込みをはかる。そこから、敵陣まで飛び込んでゴールドフィンガーで敵武闘家のマホカンタを解除、覚醒早詠みマヒャデドスで味方魔法使いが敵武闘家を仕留めてポイント逆転(味方側有利)、その魔法使いを敵の両手バトが天下無双で倒して再度ポイント逆転(敵側有利)、味方僧侶が味方魔法使いを蘇生してポイント逆転(味方側有利)、敵の両手バトが味方僧侶を天下無双で落として敵側有利に再逆転か、という瞬間にパラのにおうだちが発動して僧侶を守りきったところで試合終了。ゴールドフィンガーマヒャデドスザオラル、におうだちと4人の連携がピッタリ決まった逆転勝利、こういうのがあるから面白いんですよね。

対人戦は何でもハマると面白いからなー。以前コロシアムの最初のプレオープンの頃に攻撃魔力特化の旅で、魔法使いがいないと思って呪文耐性おろそかになったまま仁王立ちしてるパラにバギクロス当てて落として遊んでた頃はすぐに飽きちゃったけれど、魔法使いのリードブロッカーを盗賊でやるのは楽しいので、またちょっとハマりそう。爆弾の使い方をもう少し極めたいですね。